FC2ブログ

スイートプリキュア

00bg11q4.jpeg

スイートプリキュアを観ました。


え―先月「スマイルプリキュア」が始まったわけですが、日朝アニメ、しかも女児向けアニメなど、もう何年も今日も無く今回もいつもどおりスルーしておりました。 
ところが、ツイッターでやたら「黄色あざとい」っていうツイートを見かけるので、つきになって調べてみますと、女児向けの新アニメ「スマイルプリキュア」のキュアピース(CV:金元寿子)というキャラクターのことについてだったのです。
機会があってスマイルプリキュアの動画などを観るに、そのクオリティに感心しました。女児向けだと思って見向きもしていませんでしたが、なかなかどうして良いじゃないですか。変身バンクのアニメーション、BGMの質の高さは特に圧巻でした。
そういえば初代の「プリキュア」が放映中の頃はまだ部屋にテレビがありました。数度チラ見した程度ですが、女児アニメとは思えないアクションシーンにアッ然とした記憶があります。
近年のプリキュアシリーズでは初代ほどの格闘戦は無いみたいですが日曜朝からのガチバトルは大変に興奮しますね。
というわけで現在は、プリキュアシリーズに大変に興味を持ち、ツイッターのアイコンをスマイルプリキュアのキュアピースに変えるくらいになっている始末。
ようつべで色々動画を探しては かっけー を連発する日々。そうした中で特に前作のスイートプリキュアの変身シーンのBGMが恰好よくて気に入ってしまいサントラを即購入、1話からじっくり見てみようという流れに。


で、感想 <スイートプリキュア>

2ちゃんなど見るに非常にアンチもいるみたいですが、私は大変気に入りました。
(もっとも一番のお気に入りは、キュアメロディのデザインとキュアビートの変身バンクですが。)

他のシリーズをほとんど見ていないので比較はできませんが、萌豚な人が言われているような不満点はありません。
(キュアメロディこと北条響役が小清水さんだった所為かはしりませんが)変身前の口癖が
絶対に許さない
ですが、最後にはラスボスであるノイズを許す。
最後を笑顔で締めくくり、スマイルプリキュアにバトンタッチ。

このスイートプリキュアはリアルに震災という大きな現実的問題にぶつかりました。路線変更もあったかもしれませんが綺麗にまとめられているのではないかと思います。

前作とは逆に比較的頭身高めでデザインされていたのですが、ストーリーは一貫してあっさり風味、シリアスと言ってもネガティブな気になるところはありませんでした。
序盤の主役二人の中の悪さに批判が出ているようですが、それこそがこの物語の軸なので、なぜそういう意見が出るか不可解です。私はこのストーリーライン気に入ってます。
不満点を言えば、後半などは追加メンバーがいるので仕方がないのですが、奏が空気になるので申し少し掘り下げたエピソードがほしかったかなと思います。
また、欲を言えば、音楽をテーマしているということもあるので、サウンドトラックはもっとバリエーションが欲しかったですね。まあ音楽を担当しているのがメタル好きな方なのでこれはこれでいいのでしょうが。
てな感じで、、いまはまだ感想としてまとめられてないので、他シリーズを見て改めて書くかもしれません。
次はフレッシュ!プリキュアを観る予定です。
スポンサーサイト




イラスト・CGランキング人気ブログランキングへ

theme : オタク的日記
genre : 日記

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
オススメ
リンク
オススメ 






Shade 11 応援中!! Shade 10.5を使っています!
最新コメント
RSSリンクの表示